就職したくないぶろぐ

いろんなことを書いてます。

近況報告

最近の出来事をまとめました。

 

・警備員の仕事を退職した

先月になりますが、施設警備員の仕事を退職しました。このままずっと警備員を続けるのも悪くないと思ったのですが、やはり一度きりの人生いろいろやってみるのもいいかもしれないなーと思って退職を決意しました。

警備仲間の人たちに、

「若いうちからこんな仕事はしないほうがいいよ」

「歳とってから来なさい」

と説得されたことが辞めた理由の大部分を占めます。

ぼくはまだまだ若い。なんでもできるなーと改めて自分で考えるきっかけになりました。

 

 

・東京から地元にUターンした

そもそもぼくが東京に来た理由は、「人生のうち1回くらいは日本の真ん中で過ごしてみてー」と思ったからでした。実際東京で数ヶ月過ごしましたが、田舎育ちのぼくにはどうも東京の生活に慣れませんでした。

最終的には地元で暮らそうと考えていたので、警備員退職がUターンのいいきっかけになりました。東京には前職の同期や友人も何人かいるので、次はのんびりと旅行にでも行きたいです。

 

 

・地元で就活中

そして現在は地元で就活してます。

就職したくないという気持ちは心の奥底に閉じ込めてます。生活のためには仕事が必要なんです。いずれポーカーとか、ブログとか、会社をやめてメシが食えたら嬉しいんですけど、とりあえず明日のメシを食うために就活中です。

しかし、現実はそんな甘いもんじゃなかった。現在2社ほど受けましたが、どちらも落ちました。これまで偉そうなこと書いてきましたが、さすがのぼくもちょっと焦りました(笑)

「これやべーんじゃねえか…」と。

昨日3社目に応募書類を送って今結果待ちです。

早く仕事しないと警備員で貯めた雀の涙ほどの貯金が底をつきます。これは怖い。

実家もそんなに裕福なほうじゃないので、正直焦ってます。

でもまあ、どうにかなるかーと思って今日ものんびり過ごしてます。

 

 

・今思っていること

今ぼくが思うのは、就職して毎日つらいけれど汗水垂らして頑張ってます!という人をとても尊敬しているということ。

みんなすげーよ。

Twitterとかを見ると仕事の愚痴や上司の悪口をつぶやいている人が必ずいます。ぼくはそんな人たちを心底尊敬します。ぼくなら絶対耐えられない。

でも、そうやって日本は回ってるんだと思うとしょうがないのかなと思います。

みんなそうやって生きてる。みんな毎日我慢しながら過ごしてる。

そんなのぼくには無理だなーと思いながらTwitterをみてます。

 

ぼくも職が見つかるとそんな生活を送ることになると思うと、仕事を探す段階から休日が多かったり残業が少なかったりする会社を無意識で選んでいます。

そしてそのようないわゆるホワイト企業が早期退職者を雇ってくれるわけもなく(笑)

 

今はとりあえず良さそうな会社に手当たり次第応募しようと思います。

ほんとうに生活が苦しくなったらバイトでもなんでも始めるつもりです。

 

とりあえず今は辛抱強く就活を続けます。

 

 

ぼくの近況はこんな感じです。

また落ち着いてきたら思っていることとかどんどん書いて、みなさんの参考になればと思います。

あと言い忘れてましたが、ぼくは会社を辞めてからそれを後悔したことはただの一度もありません。自分の選択に後悔をしていないのがぼくの良いところでもあり悪いところでもありますね(笑)