就職したくないぶろぐ

いろんなことを書いてます。

やりたい仕事をみつけるために試行錯誤してみた

今の仕事がつまらない人、今学生で進路に悩んでる人、ぼくみたいに生活費のためだけに仕事してる人、やりたいことをやって暮らしたい人、好きなことでメシを食いたい人へ。

 

今回はぼく流の「やりたいことを見つける方法」をご紹介します。参考にしてみてください。

 

 

 

1 自分の好きなこと、興味のあることを知る

まず、はじめに自分の好きなことや興味のあることを知ってください。ゲームでも、漫画でも、なんでも構いません。頭に浮かんだものをできる限り出してみてください。

 

その際、好きなことや興味のあることを具体的に考えてみてください。

(例)ゲームが好き→ゲームをプレイすることが好き

   漫画が好き→漫画を読むことが好き

   スポーツが好き→スポーツ観ることが好き

   法律に興味がある→法律を知ってるとかっこいい

   プログラミングに興味がある→何か作品を作ってみたい

 

好きなことや興味のあることがない人、思い浮かばない人は以下のことを参考にしてください。

  • 休みの日にやることは?
  • お金を払ってでもやってることは?
  • 子どものころに夢中になったものは?
  • 理由はわからないけどワクワクすることは?

とりあえず直感でOKです。思いつく限りメモに書いてみてください。

 

 

2 その理由を考えてみる

Why?なぜそれが好きなのか。さっき書き出したものそれぞれの理由を考えてください。

 

(例)ゲームをプレイすることが好き
   →主にRPG。育成して敵を倒すと気持ちいい。

   漫画を読むことが好き
   →ほどよい現実逃避。気持ちが高ぶる。

   スポーツ観ることが好き
   →サッカー。シュートまでの過程の美しさが好き、点が入ったときの興奮が快感。

   法律を知ってるとかっこいい
   →スマート、クール。自分のためにもなるし、誰かを助けることもできる。憧れている。

   プログラミングで何か作品を作ってみたい
   →自分が作ったものを誰かに使ってもらいたい。自分の作品で誰かに喜んでもらえると嬉しい。

 

 

3 それぞれの理由からキーワードを取り出す

たとえば、上の例で考えてみると

  • 育成
  • 現実逃避
  • 興奮
  • 憧れ
  • 誰かに喜んでもらう

これらのキーワードが拾えます。これに関係する仕事はないか考えてみてください。

 

育成する仕事、現実逃避する仕事、自分が興奮できる仕事、自分が嫉妬するほど憧れている仕事、誰かに喜んでもらう仕事。

 

そうやって考えてみるといろいろ思い浮かびそうですよね。

 

あとはこのキーワードを参考にいろいろ挑戦してみてください。

ちなみにぼくがメモった内容はこれです。

f:id:saigaikaku:20150703110538p:plain

 

ぼくの場合、ある程度自分の存在感を確認できることと、考えることが好きだということが分かりました。というわけで今ぼくは法律の勉強をしてます。将来は司法書士とか弁護士とかになれたら嬉しいですけど、とりあえず今は自分に向いてるか向いてないかのテスト段階です。

 

 

 

少し荒っぽい内容になってしまったかもしれませんが、参考にしてみてください。